プロミスの無人契約機で初めてカードを作る際に必要なこと

給料だけでは、生活費が足りない場合、臨時にお金が必要な場合にプロミスの無人契約機を使用することもあると思います。無人契約機は、22時まで営業しているため仕事が遅くなった場合でも借り入れの手続きをすることができます。
しかし、借り入れは誰でもすぐに出来るわけではありません。まず、多重債務者は借り入れができない可能性があります。プロミスの場合、一度の借り入れが50万円を超える場合、または、他の消費者金融での借り入れとプロミスでの借り入れが100万円を越えている場合は、本人確認書類が必要となります。本人確認書類とは、運転免許証、健康保険証、公共料金の支払い証明書などです。本人確認書類が必要とされる場合は、審査がそれだけ厳格になるため、審査に落ちて借り入れができない場合があります。
プロミス 無人契約機
さらに、プロミスでは借り入れをした人が安定した仕事をしているか調査するために、勤務先の電話番号を教えなければなりません。後日、無人契約機で打ち込んだ電話番号にプロミスのものが電話します。電話は誰がとるかわからないため、プロミスとは名乗りません。借り入れ者がその会社で働いていることを確認できた時点で働いていることの証明は終わりです。
このような手続きが終わってはじめて、カードが発行され借り入れが可能になります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です